So-net無料ブログ作成

大ヒット漫画を描く漫画家の師匠はあの人!?漫画家の師弟関係まとめ [エンタメ]

まさかあの漫画家さんの師匠が、
あの大人気漫画の漫画家さんだったとは!!

■ギネス世界記録に認定された
 『ONE PIECE』

 ▼尾田栄一郎(弟子)

同漫画は“ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”
を目指し、麦わらの一味が大海原を航海する
海洋冒険ロマン。

『ONE PIECE』は、
尾田栄一郎による日本の少年漫画。

および、これを原作としたテレビアニメ、
アニメ映画、
ゲームなどのメディアミックス作品。

『週刊少年ジャンプ』にて
1997年34号より連載中。

7月には、同作コミック全巻の累計発行部数が
世界で3億2086万6000部を記録し
「最も多く発行された単一作家による
コミックシリーズ」として、
『ギネス世界記録』に認定された。

『ONE PIECE』の尾田栄一郎は
『ジャングルの王者ターちゃん』の徳弘正也、
『るろうに剣心』の和月伸宏のもとで
アシスタントとして修行している。


 ▼『るろうに剣心』 和月伸宏(師匠)

明治時代の日本を舞台に、
最強の幕末志士だった緋村剣心が
神谷薫ら仲間たちと出会い、
激動の時代を生き抜いてきた宿敵たちと
戦いながら、
新しい時代での生き方を模索する。

正式タイトルは「るろうに剣心-
明治剣客浪漫譚-」。通称「るろ剣」。

1994年~1999年まで、週刊少年ジャンプにて
連載された時代劇漫画で、90年代後期の
ジャンプの看板作品のひとつであった。

シリーズ塁計5800万部を超える和月伸宏の
大人気コミック「るろうに剣心」は、
映画も大ヒットで3部作合わせると興行収入が
120億円を超える、日本映画史上最大の
アクション感動大作である。

ちなみに和月伸宏さんのアシスタントには、
『シャーマンキング』の武井宏之さん、
『鬼が来たりて』のしんがぎんさん、
『Mr.FULLSWING』の鈴木信也さんもいます。


■10月公開の実写映画が話題の『バクマン。』

 ▼『バクマン。』 小畑健(師匠)

高い画力がある真城最高と
クラスメイトの秀才で漫画原作家志望
高木秋人の高校生コンビが、
漫画家を目指していく奮闘劇。

「デスノート」の大場つぐみと小畑健コンビが
再びタッグを組んで手掛けた作品
「バクマン。」は、全20巻で累計発行部数
1,500万部を超えるヒットを記録した作品。

10月には、鬼才・大根仁監督が
メガホンを執り、主人公の高校生漫画家
真城最高役を佐藤健、真城とコンビを組む
同級生・高木秋人役を、神木隆之介が演じる
実写映画「バクマン。」が全国公開される。

小畑健さんの元アシスタントは、
『BLACK CAT』『To LOVEる -とらぶる-』の
矢吹健太朗、『アイシールド21』
『ワンパンマン』作画担当の村田雄介など
売れっ子の実力者が揃う。


 ▼『To LOVEる -とらぶる-』 
   矢吹健太朗(弟子)

男子高校生・結城梨斗を主人公とし、
三角関係を軸に展開されたラブコメディ作品。

『週刊少年ジャンプ』において、
2006年21・22号から2009年40号まで
連載された。全162話。

単行本は全18巻で、
累計発行部数は700万部を超える。

週刊少年ジャンプで連載された
ラブコメディ作品としては、
『ニセコイ』『いちご100%』に次ぐ
長期連載となった。


 ▼『ワンパンマン』 村田雄介(弟子)

本作は、“平熱系最強ヒーロー”
サイタマの前に現れる敵たちとの戦いを描く
アクションストーリー。

「ワンパンマン」は、コミックス累計発行部数
500万部を突破したwebコミック
「となりのヤングジャンプ」で連載中の作品。

10月からは、監督は『スペース☆ダンディ』
などの夏目真悟氏、シリーズ構成は
『TIGER&BUNNY』の鈴木智尋氏で
テレビアニメ『ワンパンマン』が
放送を開始する。

アイシールドの村田雄介って
デスノートの小畑健のアシスタントだったのな

他にも小畑健さんの元アシスタントには、
『るろうに剣心』の和月伸宏さん、
『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』の
西義之さんもいます。


■実写映画「暗殺教室 -卒業編-」の
 ビジュアルも発表された、
 話題作『暗殺教室』

 ▼『暗殺教室』 松井優征(弟子)

同漫画は、地球破壊を宣言した謎の生物
殺せんせーの暗殺を命じられた
落ちこぼれ中学生が、暗殺行為を通じて
成長していく姿を描く。

2012年11月の第一巻発売後、
約3年という驚異的なスピードで
コミックス累計発行部数1,700万部
(既刊15巻)を突破した人気漫画
『暗殺教室』

2015年3月には実写映画版が公開され、
興行収入27億円を超える大ヒットを記録し、
2015年上半期の実写邦画観客動員ランキング
1位を獲得した。

先日、「暗殺教室」続編の
キャストも発表されました。

松井優征は、漫画家デビュー前に澤井啓夫の
アシスタントを務める
『ボボボーボ・ボーボボ』単行本の
アシスタントのページにイラストがある。


 ▼『ボボボーボ・ボーボボ』
   澤井啓夫(師匠)

マルハーゲ帝国に支配された西暦300X年の
未来の地球を舞台に、人類の髪の毛の
自由と平和を守る為、鼻毛真拳の使い手である
ボボボーボ・ボーボボが戦う
不条理ギャグバトル漫画である。

"澤井啓夫の名を売り出す切欠となった作品
であり、ドラゴンボール世代から
ワンピース世代にバトンタッチした所謂
「ジャンプ第二世代」の作品の中に
名を連ねる超大作。"

澤井啓夫の初連載漫画。

2001年12号から2007年31号まで
週刊少年ジャンプに連載された。

単行本「ボボボーボ・ボーボボ」は全21巻。
第2部「真説ボボボーボ・ボーボボ」は全7巻。

多くの者が「ジャンプのギャグマンガ
といえばコレ」という認識を持っており、
当時同時期に連載していた
「ピューと吹くジャガー」と同時に
ジャンプギャグマンガ二大巨塔として
崇める者も多い。


■今でも絶大な人気を誇る
 『ジョジョの奇妙な冒険』

 ▼『ジョジョの奇妙な冒険』 
   荒木飛呂彦(師匠)

『ジョジョの奇妙な冒険』は、
主人公である「ジョジョ」達が世代を越え、
様々な戦いを繰り広げていくストーリー。

「人間賛歌」がテーマになっています。

「ジョジョ」シリーズは、
1987年から連載がスタートし現在も
”ウルトラジャンプ”誌上で、
連載が続く荒木飛呂彦先生の大人気作品。

今年で連載28年を迎え、コミックスは
現在シリーズ通算113巻まで発刊され、
シリーズ累計発行部数は9,500万部以上、
現在連載中の『ジョジョリオン』の
累計発行部数は400万部以上に上ります。

荒木飛呂彦氏のアシスタントを務めていた
椎橋寛は、代表作「ぬらりひょんの孫」でも
荒木氏の作品から影響を受けたかのような
描写が所々で見受けられた

(緊張した面持ちで立つキャラクターの背後に
「ゴゴゴゴゴ」という
擬音を使っている点など)。


 ▼『ぬらりひょんの孫』 椎橋寛(弟子)

この作品は妖怪の総大将・ぬらりひょんの血を
継ぐ少年を主人公とする怪奇ファンタジー。

現代の日本を舞台に、百鬼夜行が激突する
任侠妖怪の世界を描いた物語となっている。

08年に「週刊少年ジャンプ」で
連載をスタート。

コミックスは23巻まで発売されており、
累計発行部数は1200万部以上を誇る。

10、11年に2度にわたりテレビアニメ化され、
人気を集めた。

また、同じ荒木氏のアシスタント仲間である
田中靖規氏とも友人同士であり、
お互いの作品に自分の漫画のキャラを
登場させたこともある。


■単行本発行部数累計4600万部を超える
 大人気コミック『銀魂』

 ▼『銀魂』 空知英秋(師匠)

同漫画はSF時代劇の体裁をとった
人情コメディストーリー。

作者はこの作品の属性を
「SF人情なんちゃって時代劇コメディー」と
表現している

『銀魂』は2003年に連載が開始され、
これまでに単行本発行部数累計4600万部を
超える「週刊少年ジャンプ」の看板コミック。

アニメは、第1期『銀魂』が2006年4月から
2010年3月まで全201話、第2期『銀魂´』は、
2011年4月から2012年3月まで
1期から続くカウントで252話放送された。

『SKET DANCE』の作者・篠原健太は、
連載開始前に生活苦の為
空知英秋(銀魂の作者)のアシスタントを
していた。

因みに空知のほうが5歳年下で且つ、
現在も売れっ子である。


 ▼『SKET DANCE』 篠原健太(弟子)

部活の助っ人や生徒の悩み相談などをする
学園生活支援部のメンバーが、
次々と舞い込む奇妙な依頼をこなす
姿を描いた学園コメディー。

『SKET DANCE』は2007年33号より連載を
開始し、2011年にはTVアニメ化された。

また2010年には第55回小学館漫画賞
少年向け部門を受賞している。

篠原健太「SKET DANCE」の
公式ファンブック「開盟学園生徒手帳」には、
篠原健太と空知英秋の対談を収録。

篠原の「銀魂」アシスタント時代のことなどが
語られた。


■バスケマンガの金字塔『SLAM DUNK』

 ▼『SLAM DUNK』 井上雄彦(弟子)

『SLAM DUNK』は、バスケット初心者の
桜木花道が徐々に才能を開花させ、
仲間と共に全国制覇を目指すという
ストーリー。

1990年から『週刊少年ジャンプ』で
連載されていた『SLAM DUNK』は、
歴代最高部数653万部を記録して
ギネスブックにも登録された
“ジャンプ黄金時代”を支えた作品の
一つである。

単行本31巻までを刊行し、
累計発行部数は約1億2000万部。

テレビアニメは93年10月から
96年3月まで放送された。

『SLAM DUNK』の作者・井上雄彦は、
『CITY HUNTER』の完全版に
「師匠・北条司から学んだ事」と題した文を
寄稿している


 ▼『CITY HUNTER』 北条司(師匠)

『CITY HUNTER』は、
新宿でシティーハンターと呼ばれる
裏の世界NO.1スイーパー冴羽獠と
パートナーの槇村香が依頼を解決していく
ハードボイルドコメディ。

"単行本はジャンプ・コミックスより全35巻。

1996年から1997年にかけて文庫版が
全18巻で発売されている。

また、完全版も発売しており単行本の
累計発行部数は5000万部を突破している。"

井上雄彦は1年強ほど
アシスタントを務めていた
『エンジェルハート』1500万部を記念し、
井上・北条と対談を行っている


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。